虫歯を防ごう

生活改善から始める「虫歯」予防

「砂糖」は歯に良くないものであると、多くの方が知っているのではないでしょうか。歯の健康にとって「砂糖」は良くなく、摂取を減らすことで歯の病気を予防することができます。虫歯の発生には、ミュータンス菌という細菌がかかわっています。この菌が砂糖を餌にして、歯の表面に歯垢を作ります。この歯垢についたミュータンス菌が酸を作り、これが歯を溶かす原因になり、虫歯が発生していきます。そのため、虫歯を予防するためには、砂糖を極力控えた生活を送る必要があります。この他にも、食生活の過ごし方も改善する必要があります。間食は決まった時間に1回だけとり、長時間に渡る食事を避けます。何度も食べ物を口に入れると、虫歯が出来やすい環境になり、歯が溶け出します。食事の内容と食生活を改善するとで、病気を予防することができるのです。

歯のトラブルを予防するためには

歯のトラブルを予防するには、生活習慣を改善することが必要です。そして、毎日のオーラルケアを丁寧に行なうことで、病気のリスクは確実に減少します。特に、よる寝る前の歯磨きは重要です。寝ている時には唾液の分泌がほとんどないため、歯垢等が残っていると口中環境が悪化しやすくなります。寝る前の歯磨きは、特に気をつけて行なう必要があります。そして、定期的に歯科医院に通い、プロフェッショナルケアを受けることが大切です。歯科医院に足を運ぶのは、治療するときだけではありません。歯と歯茎の健康を管理し口中環境を衛生に保つために、歯科に通うことが必要なのです。今日では、「予防治療」に力を入れている歯科医院が増え、歯の健康管理を重視する傾向になっています。自分で行なう毎日のケアと歯科医師による専門的な予防治療で、歯の病気を予防することが出来るのです。

Copyright© 2015 歯が痛い!そうなる前にやるべきことは何か学ぼうよAll Rights Reserved.


Design by Megapx Template by s-hoshino.com