予防の重要性

歯医者についてのイメージ

歯医者が苦手、大抵の人はそうですね。なぜ「歯科」が苦手なのか考えてみましょう。まず浮かぶのは「歯科で使用する器具の音」そして「過去に歯科で味わった痛い経験」。この二つが歯科を苦手にしている大きな要因です。器具の音は確かに痛そうですね。でも歯科で扱う器具は歯を削るものだけではありません。歯石を除去するものや歯の表面を磨くものもあります。待合室ではどの器具が使用されているのかわからないため、音だけで判断してしまい「怖い」と思ってしまいます。それと昔は麻酔を使用していない所が多かったため、音を聞くだけで「痛い」と思ってしまい、歯科は「怖くて痛い所」というイメージが頭に焼き付いてしまったのではないでしょうか。

予防としての歯科の役割

虫歯予防や口臭、歯槽膿漏予防のために皆さんは歯磨きします。歯を磨く目的は「口中を清潔にすること」です。でも正しいブラッシングでないと効果がありません。歯科では治療だけでなく、正しいブラッシングの仕方を医師、或いは助手が教えてくれます。また定期的に検診を受けることで、医師が口中の様々な状態を把握して、アドバイスや治療をしてもらえます。もし虫歯が見つかっても治療が必要かどうかを判断してくれるし、何より痛い思いをしなくて済みます。今までは「歯医者は怖くて痛い所」という認識が強かったですが、「痛い思いをしなくてもよい方法」と認識を変えてみると、恐怖心も和らぐのではないでしょうか。そうしてケアすることで、いつまでも自分の歯で物を噛むことができるのは素晴らしいことですね。

Copyright© 2015 歯が痛い!そうなる前にやるべきことは何か学ぼうよAll Rights Reserved.


Design by Megapx Template by s-hoshino.com